バイク事故任意保険

バイク事故に遭う前になぜ安い任意保険に加入しておかないといけないのか?

スポンサーリンク

 

本当にあったバイクとトラックの接触死亡事故!
バイク事故
出典http://ops.umin.ac.jp

 
無保険でバイクに乗ると事故に遭遇してしまったときに大ピンチに陥ると思いませんか?

 

今、このサイトを見ている方の中にはバイクを乗り回している方もいらっしゃれば、まだこれからバイクに乗ろうかと検討されている方もいることでしょう。

 

私はすでにバイクに乗り始めて10年目を迎えていますが、安い任意保険と自賠責保険(強制保険)に入って毎日快適にバイクを乗り回しております!
最初は原付(50cc)でした。次がナンバープレートがピンク色の100cc、今は250ccのバイクに乗っております。

 

ですがバイク事故はいつか訪れる可能性が非常に高いですから、車にぶつけられるなどの接触事故をギリギリのところで避けたこともありますから、事故に遭ったときのことを考えない日はありませんね。

保険には2つあります。それは自賠責保険と任意保険です。この2つの保険に入っているだけで事故を起こしたときに非常にあなた自身を守ってくれます!
また、警察から職務質問(道路交通法の違反で捕まった場合も含む)をされることがあった場合には自賠責保険の加入チェックをよくされますので、このとき未加入だったらもうバイクに乗れなくなるかもしれませんよ!

 

自賠責保険に申し込みをする前に・・・・

 

バイク

国が車やバイクを運転する際には必ず入っておかないといけないと法律で定めている強制保険です。

 

この自賠責保険に加入していないで走ることはバイク屋さんで購入した段階では、絶対に加入するように事が運んでいきますので別に大した問題にはなりませんが、
通常1年目〜入ることができますので早い人で来年の加入日が来ると更新しなければ失効という形になります。

 

たいていの場合は失効する1ヶ月ほど前には加入先の損保会社またはバイク屋さんから電話かはがきをもらうことがあります。
(※ただし、携帯電話番号を変えていたり、住所を変更していたりすると届かないことがありますので変更したことを伝えておく必要性はありますよ!

 

私も自賠責保険は数年分入っており、いつも確認しているので大丈夫でしたが、
任意保険が切れていることに半年近く気づかないことがありましたのでご注意くださいね。)

 

自賠責保険に未加入の状態でもし運転をしていた場合(バイクの事故や違反、突然パトカーに止められて自賠責保険を見せてといわれてから指摘された場合など)は、1年以下の懲役または、50万円以下の罰金が課されます。

 

また違反点数が6点の減点となりますのでご注意くださいね。(6点=何も事故や違反をされていない場合で1発で30日間の免停処分になります。)

 

自賠責保険に契約しておくと良いことってあるの?

 

事故を起こしたときに死傷された相手に対して適用します。

 

通常怪我だけなら120万円まで適用されます。

 

ただし、相手が後遺障害に認定された場合は、14級で75万円〜1級の1,600万円まで補償されるときのお支払に役立ちます。

 

また、相手が死亡された場合は3,000万円まで補償として相手に出ます!(ただし後遺障害が残ってしまうような事故の場合は自賠責保険では足りないことが多いです。そのときは自費になります。)

 

つまり、もし最低でも自賠責に入っていないと非常に大変な目に貴方も遭うことになりますが、
自賠責保険未加入の方と事故に遭遇した相手も個人で莫大な請求を処理することはまず不可能ですからかなり痛い目に遭います。

 

ですので雨が降ろうと槍が降ろうとも入っておかないといけません。

 

 

任意保険に申し込みをする必要性ってあるの?

 

残念ながら亡くなられたようです。
事故
出典http://ops.umin.ac.jp

 

基本的に事故を起こしたときに自賠責保険では賄いきれない金額を負担するために必要な保険です。

 

やはり自賠責保険は怪我や骨折などでも120万円が最高です!(もし死亡してしまった場合、相手方が加入する自賠責保険からは被害者1名につき3,000万円まで)

 

事故は起こってから気づくケースがほとんどですが、意外と痛みが残るケースが多く何度も通っているうちに120万円を軽く超えてしまいます。(死亡してしまった場合は賠償請求が1億円を超えることがよくあります。)

 

普通にみれば通院費だけで120万円!そんなにかかるものなのかと驚きますが、
事故の場合は国民健康保険を使うこともできなくはないのです。(ただし病院が実費にして下さいとお願いしてくる場合があります。)
また、通常はお金を持っていない人が多くどうせ相手の保険で賄えるだろうという判断の元で自由診療という形で通院することになります。

 

自由診療で通うと病院側はいくらでも請求をすることが可能になります。
(国民健康保険では国が定めており額が決まっています。)

 

通常は毎回通うと領収書を渡されることが多いと思いますが、医療費(実費)合計の2倍は取られていることはよくあります。

 

しかも、給与補償や相手の車やバイクの補償までしないといけません。

 

でもそんな金額払えないし、自賠責保険しか加入していない場合は事故の処理を全部貴方か弁護士に依頼してやってもらうしかありません。(もちろん任意保険の弁護士特約に入っていない場合は自腹

 

もし任意保険に入っていれば加入先の任意保険会社のプロが過失割合からお金のことまで全てしてくれますので安心して治療や今後の対応ができますよ♪
(自賠責保険を超える補償については任意保険会社がしてくれますが、自賠責保険に未加入ですとその部分は個人で負担しないといけません。)

 

たった1回の事故でも自賠責保険や任意保険に未加入ですと、交通事故で怪我をされた方、もしくは死亡されてしまった方に対して多額の賠償金を個人で支払わないといけなくなるので、ぜひ加入をしておいた方がおすすめします。

 

今回のおまとめ

 

・自賠責保険にはバイクを運転するときには必ず加入しておかないとヤバイ!
・任意保険は自賠責保険の適用範囲を超えたときに役立つ!

 

当サイトでは、交通事故に遭う前や遭ってしまったときの対処法〜どの保険がいいのかまでご紹介しています!
↓↓
交通事故に遭ってしまってから読んでおきたい目次はコチラ!

 

交通事故に遭ったその日から弁護士を立てたい方に役立つ情報をご紹介しています!
↓↓
弁護士特約を使ってできる限り高額な賠償金を手に入れたいときの目次はコチラ!

 

できるだけマシなバイク保険に加入しておきたいならこちらから読んでもらえると早いですよ!
↓↓
賢いバイク保険選びの目次はコチラ!

スポンサーリンク

勉強になったと思えた方はぜひクリックをお願いします♪励みになります♪

交通事故 ブログランキングへ

サイト管理人にお問い合わせしたい場合はコチラ↓
お問い合わせはこちら^^

交通事故に遭ったら バイク保険の資料請求